まだつぼみ

CHIAKI(中3)

 まだつぼみ
 私はいつでもまだつぼみ
 大人になってもまだつぼみ
 夢を叶えてもまだつぼみ
 花が咲いてもまだつぼみ
 私はずっとまだつぼみ 

 物事を始めた時の強い気持ち、私は忘れたくない。最初に定めた夢や目標、妥協はしたくない。心が動いた時のこと、何かに憧れた時の気持ち、ずっと覚えていたい。私はまだつぼみだということ、いつも心に留めておきたい。まだまだいけると、満足しない心を持ち続けたい。つぼみからの挑戦をやめたくない。
 だから、私はまだつぼみ。


 蕾(つぼみ)をテーマに自由に書いてもらった作品です。
 CHIAKIさんはこの1年、まさにこの文章の気持ちそのままに目標に向けて頑張っていました。そして目標を見事達成し、今ではもう次の何かを追いかけ始めています。この作品はCHIAKIさんそのものと言って良いと思います。紛れもなく、彼女の心の底から湧いてきた自分の言葉で書かれたものです。だからこそ、彼女の熱量が真っ直ぐ伝わってきます。
 この作品を読んだ時、少し懐かしい気持ちになりました。昔持っていたけれど、どこかに置いてきたきり忘れてしまった大切なものを、CHIAKIさんが手の平に乗せて見せてくれたような気がしたのです。自分もこんな気持ちの時期が短いけどあったなぁ、なんて思いました。すぐ満足して、すぐ休みたくなってしまう今の僕には、少々眩しいくらいの作品でしたが。

塾長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

忘れ物の鬼