作文のすすめ

 

子ども達はなぜ、作文を嫌いになるのでしょう?

 

 作文クラスに来てくれた子ども達は、「作文は苦手!」と言っていたお子さんも含めて、ほとんどの場合、作文を好きになってくれます。作文が大きらいだった子ども達は、 書きたいことが見つからないまま、ただ原稿用紙を突きつけられて、自分が思っていないことや書きたくないことを書かされているうちに、作文が嫌いになって しまったのです。

 

 それはネタがないまま寿司を握れと言われているようなもの。あるいは、好きでもない人にラブレターを書かされているようなものかもしれません。ネタが無ければ寿司は握れないし、好きだという気持ちがなければラブレターになりません。

 

「書かなきゃいけないから書く。」ことと、「自分の中にあることを表現する。」ことは全 く違う作業なのです。当然、後者の方が自然な行為だし、楽しいものです。子ども達だって、言いたいことや伝えたいことがたくさんあるのです。

 

書かなきゃから、書きたいへ。

 

 UEDA学習塾の作文クラスで目指すのは、コミュニケーションの手段としての作文技術を身に付けること。つまり、誰かに何かを伝えたいときに、文章を使ってそれを伝える技術を身に付けることです。伝えたいことも、伝えたい時も、一人一人違うし、自由です。

 

 大切な人への感謝の言葉を贈りた い。

 

 自分の感動を誰かに伝えたい。

 

 この美味しさをどうしても知って 欲しい。

 

 それらができるようになったとき、 学校の作文だって上手くなっているのです。時には読書感想文で褒められることもあれば、生徒代表で挨拶することもあるのです。

 

 もちろん、必要に応じて、テスト対策としての作文の練習をする場合もあります。でも、結局は、伝えたい何かを相手に伝える技術を身に付けることに繋がっているのです。

 

 子供達は作文クラスで一 緒に練習を重ねるうちに、自分でもそれができることに気づき始めます。その時、子ども達の気持ちは『書かなきゃ』から『書きたい』へ変わり始めるのです。

 

 自分の気持ちが動いた時が、上手くなるチャンスで す。

 

 

 楽しかった時、うれしかった時、自分はどんな仕草をしたか?周りにいた人は何を言ってくれたか?その時に目に映っていたものは何だったか?など、自分の気持ちが動いた時に起こったことを考え、思い出して書くよう指導します。

 うれしい時にする仕草、 悔しい時にする仕草など、感情に繋がる行動や表現に敏感になることで、書くことと同時に、物語文の読解問題などへの対応も可能になります。物語の登場人物の感情を表す表現がつかめるようになるからです。

 

 作文を練習すると他の科目の成績も上がると言われる理由は、こんなところにもあるのでしょう。

Copyright©UEDA学習塾, All Rights Reserved.